普通の中国語翻訳ソフトと中国語翻訳ソフトの違いは?

中国語に翻訳できればソフトなんて何でもいいんじゃないの?

そう思う人もいるでしょう。そんな人は一度インターネット上にある無料の
翻訳ソフトを使用してみてください。

きっと自分の求めている翻訳は何回やっても得ることはできないでしょう。

そして、お金を出して中国語の翻訳ソフトを購入してもきっと似たような結果が
でるでしょう。

決して翻訳ソフトが悪いわけではありません。

特許の申請となるとどうしても日常的な言葉より専門用語的な言葉が文章中にも
多く出てきます。

普通の文章翻訳ソフトには搭載されていない語句なども発生します。

そうするとせっかくお金を出してソフトを購入しても肩透かしになって
しまいます。

そんな時に中国語特許翻訳ソフトはかなりの力を発揮します。

特許で使われるだろう難しい専門用語もジャンルごとで収録しているので求めていた翻訳をたいかんできるでしょう。

どうしても中国語特許翻訳ソフトを購入に踏み切れない場合は、購入前に翻訳
ソフトの制度を体験できるサービスを提供している企業もあるのでぜひ体験して
みてください!

中国語特許翻訳の料金

中国で特許を取得する場合。

日本語の特許申請書を中国語に翻訳しなければいけない。

しかし、中国語に翻訳する際にそう容易に中国語に翻訳するなんてことはでき
ない。

中国語を勉強したり回りに日本語も中国語も理解した人がいれば話は別かも
しれないですが、全ての人がそううまい具合にいくはずもありませんよね。

そんな時途方に暮れてしまう人もいるでしょう。

ですが、肩を落とす必要はありません。

昨今ではしっかりと中国語特許翻訳サービスを行う企業やソフトがあります。

この時に外注して翻訳を頼むのか中国語特許翻訳ソフトを駆使して翻訳を自分で
するのかを考えなければいけない。

個人でどうしても翻訳している暇がない。

人員が割けないという場合にはお金を払ってでも外注で依頼するしかない
だろう。

しかし、人員を避けるのなら中国語特許翻訳ソフトを使用したほうがいいかも
しれない。

一度購入してしまえば半永久的に使用できる。

翻訳力を心配する人もいるだろうが昨今の翻訳機能はすごいです。

お試し期間を設けている会社もあるので一度使用してみて実感してから検討を
してみることをお勧めします。

高電社の中国語特許翻訳をご紹介!

高電社が発売した中国語特許翻訳ソフトがある。

こちらは、特許申請時に必要な文章翻訳機能と特許や専門用語の辞書機能も
搭載しています。

また、これ以外にもいくつかの特許を取得時に役に立つツールを提供して
くれます。

初めて中国で特許を取得する人も取得しやすいようにと様々な機能があるのは
うれしいことですね。

そして、高電車の中国語特許翻訳の特徴として、独特な言葉でも翻訳できる
くらいに語学量を入れているので不自然な役しがなく高性能な翻訳を体感できる
でしょう。

また、様々ジャンルで専門辞書を搭載しているため専門用語が変に翻訳される
ことはありません。

これ以外にも特許申請時にあなたを手助けしてくれるツールがたくさん
あります。

中国で特許申請を考えている方はこのソフトでストレス0で翻訳ができる爽快感を
味わってみてください。

今まで他の翻訳ソフトを使っていた方も外注で翻訳を依頼していた人もきっと
感動を味わえることでしょう!

中国語特許翻訳はこうして使え!

中国で特許をとりたい場合、外注で日本語特許申請書を中国語に訳してもらう
のはコスト面でもいいことはないだろう。

では、中国語辞書片手に翻訳をしますか?

それには時間がかかりすぎてナンセンスです。

では、今インターネット上でも無料翻訳サイトと言うものは存在しています。

英語から日本。日本語から英語・・・。

という翻訳機能なら使ったことがある人もいるかもしれません。

そして、それを使ったことがある人だと分かるかもしれませんが、結構
かたっくるしい言葉に訳されたり強引な日本語になっていたりする。

個人で調べる分にはそれでもいいかもしれないが特許を申請するときにそんな
強引な文章ではいけない。

かといって少しお金を出して普通の翻訳ソフトを買っても翻訳に必要な言葉が
足りなかったりしてやはりやりにくい。

そんな時に中国語特許翻訳の出番です。

こちらも有料のソフトではありますが、特許新生児に必要となる言葉や知識
などが収録されているため中国で特許を申請する際にはとてつもなく役に立つ
ソフトです。

中国語特許翻訳の使い道って?

「特許」と言う言葉は誰しも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

何かを発明した人がある決まった手順を踏むとその発明を一定期間完全に独占
できるというものです。

これは、国が補償してくれます。

日本でも特許をとった製品が市場にたくさん出回っています。

しかし、昨今ではその発明を日本だけでなく日本国外でも取得しようという
動きが活発である。

上記で示した通り特許を申請する場合、申請手順と言うものがある。

それを行わないと特許の申請はできない。

日本で特許の申請をする分には自分の母国語で文書を書くわけだから容易で
ある。

しかし、それを中国語で全て記せと言われたらどうだろう?

すぐに出来ますか?

きっと答えはNOでしょう。

中国で特許をとる場合大体が日本でも特許を申請しているので後はその申請書を
中国語に翻訳したら完璧です。

では、外注して翻訳しますか?日本語を別の言語に翻訳するのはコストがかかります。

そこまでのお金を払うことができないという企業や個人はいると思います。

そんな時に中国語特許翻訳が本領を発揮します!